4/18土 映画『世界でいちばん美しい村』

2020/2/18 285

—————————————————————————————
コロナ感染拡大の防止策として、NPO法人ひととひとで主催するイベントについても、
4月の開催分については、リアルな場を休止することになりました。
今月の、ひととひとシネマダイアローグは、オンラインzoomを活用して行います。
オンラインにつながる、パソコン、スマホをご用意いただければカンタンにご参加いただけます。
参加者には、前日までに参加URLをお申し込みのメールアドレスにご連絡いたします。
ご不明点などは、お気軽にNPO法人ひととひと(info@hitotohito.org)までお問い合わせください。
—————————————————————————————

 

【毎月開催!ひととひとシネマダイアローグで自分の幅を広げよう!】

↓参加申し込み↓
https://200418.peatix.com/

ドキュメンタリーや社会課題をテーマにした映画を上映し、集まったみんなで感想をシェアしあう上映対話会(シネマダイアローグ)を開催しています。
小中学生は無料でご参加いただけます。お誘いあわせの上、ご参加ください。

*上映後、希望者のみ、感想などを話すシネマダイアローグをします。こちらも是非ご参加ください。

イベント名 映画『世界でいちばん美しい村』<ひととひとシネマダイアローグ>
開催日時 2020年04月18日 13:30~16:00
内容 ネパール大地震で壊滅した村が、復興を果たそうとする姿を追う。 2015年4月25日 M7.8の大地震により300万人が被災し、9000人以上の人々が亡くなったネパール大地震。 日本人写真家・石川梵は、大地震の直後にネパール・カトマンズへ飛び、ジャーナリストとして初めて最も被害が深刻といわれるヒマラヤ山岳地帯の震源地へ向かった。 雄大なヒマラヤの大自然、その懐で慎ましく暮らす人々。こどもたちの輝く眼差しと明るい笑顔。貧しくも助け合って生きるアシュバドルの家族、そして祈り。 ナレーションは、東日本大震災からいまもなお、復興活動に参加する女優、倍賞千恵子。ネパール大地震で壊滅した村が、悪戦苦闘しながら復興を果たそうとする。 壮大なヒマラヤを背景に圧倒的な映像美とカメラワークで綴った変事詩的物語。
定員 10名
最少催行人数 なし
参加費 〇18日と22日のシネマダイアローグを無料(投げ銭)に。 今回、初めてオンラインでのシネマダイアローグ開催となります。 スタッフの方でも何度か試写などをしていますが、 初めてのことですので、まだ不安があります。 そこで、4月分については、無料・投げ銭(寄付)方式での開催にすることに急遽決定いたしました。
対象者 すべての方へ
当日連絡先 080-8333-6539(担当タカハシ)
開催場所 オンラインzoom
問合せ先・申込み お問い合わせ info@hitotohito.org
申込み先 https://200418.peatix.com/
主催 NPO法人ひととひと

ひとのばワークス

ひとのばワークスは、京都西院にあるNPO法人ひととひとが企画運営しています。誰もが、やりたいことをやる!ことができるように、様々な形で活動をサポートしています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る